落下に注意する

>

車内でスマホを使用する時の注意点

スマホは温度差に弱い

スマホは温度差に弱いので、寒い場所から戻り室内で使用する際には、少し温度が戻ってから使用します。
充電をする前に本体を少し室温にならしましょう。

屋外で使用する事が多い方は、スマホケースに入れると良いです。
温度差による結露を防ぐことが可能になり、故障が減ります。

なるべくスマホが冷えないように工夫をしましょう。
鞄にいれるなど冷たい空気にさらさないようにします。

外で作業をする際には、むき出しで置かないように工夫が必要です。
長時間の作業をする場合は特に注意をしましょう。

スマホが温度差に弱い機械である事を知っておく事が、ウインタースポーツなど屋外の作業をする方には大切です。
現場作業だと温度いがいにほこりや湿度に注意をしましょう。

何度もスマホが熱くなる場合はショップへ

何回もスマホが熱くなるなら、早めにショップへ行きましょう。
応急の処置で動くようになっても、根本的な原因が何か見つかる可能性があります。

いくら日常的に使用方法を気をつけていても故障をする可能性があるのがスマホです。
無理に使用を続けると故障の原因になります。
突然動かなくなったり画面が見えなくなる故障がおこりえます。

多くの方はそのまま使用を続けるので故障がおこりやすくなるので、普段の使用方法に注意をする以外に放置をしない事が大切です。

頻繁に充電をすると接続部分の劣化が早まります。
電池のメモリーが減ってから充電するなど基本的な使い方を学ぶ事が大切です。
スマホは毎日使用するものなので、丁寧に扱いましょう。