落下に注意する

>

子供のいたずらに注意

使用しているアプリによる負荷

ゲームなどのアプリを複数使用していると、スマホに負荷がかかります。
スマホを使用している最中に画面が固まる事が多い場合は不要なアプリは削除しましょう。

アプリの中でもゲームはデーター量が多く、スマホに負担がかかる主な原因になります。
データー量が重いアプリを動かすのにCPUが熱くなるのが、これらによる故障の原因です。

電波が不安定な場所で使用すると本体が熱くなる事があります。
電波の安定した場所でスマホを使用しましょう。

直射日光が当たる場所や、暖房器具のそばに置くのは故障の原因です。
自動車以外に室内でもスマホを置く場所に注意をしましょう。
湿度の高い風呂場やキッチンに置くのも、スマホにとって良くありません。

スマホが熱くなったまま放置しない

スマホが熱くなったまま放置をしないようにしましょう。
バッテリーの故障以外に本体自体が劣化するなど、何らかの故障をしている場合が考えられます。

スマホは細かい部品で出来ているので、硬いとこや高いとこから落とすなどなんらかの衝撃で故障をおこし発熱する事があるので注意が必要です。

熱くなったスマホを素手で触るのはやめましょう。
タオルやハンカチでさわるとやけどを防げます。

早目に携帯ショップに持ち込み、故障の原因を診断します。
何回も本体が熱を持つとそれ自体が故障の原因になります。

定期的に携帯ショップで故障がないかメンテナンスや動作のチェックをしましょう。
故障が軽くで済んだり、大事なデーターが消滅するのを防ぎます。