落下に注意する

>

日常にひそむ故障原因

充電と他の作業を同時にしない

日常でスマホを使用していておこる故障の原因に、正規品を使用していない以外にゲームをしながら充電をしている方がいます。
通話をしながら充電をするのもスマホに負担がかかるので避けましょう。

なるべく充電中は他の作業をしないように注意が必要です。
どうしても通話しながら充電をする必要がある場合は短時間にしましょう。
ゲームや通話を長くしていて熱くなる場合にはいったん作業を中止したほうが良いです。

これらはつい日常的におこなっているスマホが故障しやすい原因になります。
これらを行っていないか日頃の行動を見直しましょう。

充電の最中にスマホが熱くならないようにカバーを外すのも大切です。
スマホカバーをしたまま充電すると、本体に熱がこもりやすくなります。

プラグなどの接続を正しくしよう

急いで充電をしていると、きちんと充電器のプラグの接続が出来ていなくて故障する事があります。
並行に接続部分を抜いたりさしたりしないと、スマホの接続箇所が故障するので注意をしましょう。
無理に力をいれてこの作業をすると、スマホに負担がかかりやすくなります。
接続部分が故障して充電が出来なくなる場合があるので注意をしましょう。
充電のランプがついているか、接続した後に確認をします。

無理にこれらの動作をする事は避けましょう。
お子さんがいる方は、子供が異物を接続部分に入れたりしないようにするのも大切です。
電池を外した際に方向を間違えないようにしましょう。
スマホが作動しないだけでなく、故障の原因になる例の一つです。