落下に注意する

日常生活にも気をつけよう!こんな事でスマホが壊れてしまった話

日常にひそむ故障原因

外出先でスマホを見てる時にうっかりして落下させて画面を割るなどの故障をするケースがあります。 携帯カバーをつけたり画面に保護フィルムを張る事でこのような故障を防ぐ事が可能です。 うっかりと落とした時にスマホが使えなくなる故障を未然に防ぎましょう。

子供のいたずらに注意

赤ちゃんや小さな子供いる家庭で多いのが、赤ちゃんがスマホをなめたりよだれをたらしてだめにするケースです。 これらは水没と同じ状態になり、スマホに多い故障の原因になります。 赤ちゃんや小さな子供が近くにいる時には、なるべく手の届かない場所に置くようにしましょう。

車内でスマホを使用する時の注意点

自動車を運転するときにエアコンの吹き出し口のそばにスマホを置いていて故障する場合があります。 夏に温度が上がる車内にスマホを放置するのは避けましょう。 スマホの部品が熱くなったり、使用している電池が故障する原因になります。 スマホが膨張したり破裂する可能性があります。

スマホを落下させる事により故障

スマホの故障で多いのは画面を割るケースですが、その他に多いのは水没です。
トイレに行った際に水没させるケースがあります。
トイレで操作していたり、おしりのポケットからうっかり落として水没させる例がこの故障の原因で多いです。
入浴中に使用する方がいますがなるべく避けましょう。

鞄を使用しない男性に多いのが、胸のポケットに入れていて水濡れによる故障をおこす例です。
理由としては夏場などでかなり汗をかいている場合と、あまり汗をかいていなくても体温が上がり湿気がポケットの中でこもる事により水濡れをおこすからです。
スマホは細かい部品を使用している精密機械なので、湿度による故障をおこしやすいので注意をしましょう。


梅雨時期などの雨が降っているときに外で操作をして、スマホを濡らすのは故障の原因になります。
外で使用をする際には、雨に濡れない場所でスマホの操作をしましょう。
また料理を作っていたりお風呂上りに濡れた手で触って水濡れにより故障をおこす方がいます。
必ず手をタオルなどで拭いて、乾いた手でスマホを触るようにしましょう。

このようにちょっとした注意で水没や水濡れによりスマホの故障を防ぐことが可能です。
水没や水濡れはその時は動いたとしても、後で使用ができなくなる故障が発生する原因になります。
細かい部品の間に水が入ると錆びてしまうからです。
拭ける部分だけでも乾いた布で水気をとりましょう。
市販されている防水ケースを使用するのは良い方法です。

おすすめリンク

広島でiphone修理のお店を聞く

広島にいる友人にiphone修理のお店を聞いてみた!

煙突について

煙突って最近見かけませんよね。あれはどこに消えたのか、気になる方はこちらに答えがあります。

川崎での粗大ごみの出し方

粗大ごみの出し方は地域で異なりますが皆さんご存知ですか?川崎での出し方についてはこちらをチェック。

神戸の遺品整理業者の紹介

遺品整理のプロフェッショナルを神戸でお探しの方必見。ご家族の遺品整理をお手伝いします。

1歳からの幼児教室

幼児教室を考えておられる方は是非、ご参照ください。1歳児から通える教室もあります。